紙を折って作る手製のアコーディオン【まちかど情報室】

 

まちかど情報室テーマ「“自分の音”奏(かな)でよう

アコーディオンのような楽器作りの教室【ペパニカ/papernica】

大阪で開かれている教室。大人や子供が集まって、何やらみんなで工作をしています。

皆が作っているのはこの楽器。

アコーディオンでした。

紙で作るアコーディオンペパニカの画像
紙で作るアコーディオンペパニカの画像

ぺパニカ

紙で作る“アコーディオン”

蛇腹の部分を伸び縮みさせると一つの音が出ます。

作り方は、紙に印刷された線に折っていき、四角い筒状にします。そして、両面を厚紙で塞いで持ち手を付けます。

持ち手の所には穴の開いた金属のパーツが付いていて、ここを空気が通ることで音が出るという仕組みです。

このアイデアはアコーディオンの調律師が考えたもので、小さな子供から高齢者の方まで楽しめると人気だそう。

コメント
「作って(音階を)全部そろえたら、孫もいるのでちょっと演奏をやりたい」

スポンサーリンク